ガッツポーズをするビジネスマン。

自己啓発

一流になるにはどうすればいい?一流の人の共通の特徴と二流との違い

2020年9月28日

颯 Souのイラスト

soublogの権威性

  • 京大院卒業後、就職
  • 現在、作曲家・執筆家のフリーランス
  • 昨年、soublogが14万PV

一流の人の特徴や、一流の人と二流の人の違いはなんだろう。

そんな疑問はありませんか?

私は学校では勉学に励み、京都大学大学院の航空宇宙工学専攻を卒業しました。

学生の時は、勉強に関しては一流の部類に入っていたかもしれません。

いやいや、学生で一流はない。

一流は、稼いでから。

そういわれるかもしれません。

そういわれると私は一流ではないですが、大学院の頃、たくさんの一流の大人に会っていました。

では、いったい、どんな人が一流だと感じたのか、解説していきたいと思います。

目次は次の通りです。

・一流の人の共通の特徴

・目標がぶれない

大きな成果を残すのは、長い期間、同じ目標を追う必要があります。

一流の人に共通することがあります。

それは、目標がぶれないで、長期間、同じことにチャレンジしているということ。

正直な話、一流の人の目標がぶれないのは、そのことしか興味がないから。

だから、意外に思われるかもしれませんが、普通の人が知っている雑学を知らないなどの一面がある人もいます。

・毎日課題を意識している

一流の人は、毎日課題を意識しています。

そして、日々の生活の中で、解決策を模索しています。

また、いいアイデアはメモをする習慣があります。

・集中力のある人

一流の人は集中力があります。

大きな結果を出すには、深い思考が必要です。

集中して1つのことを考えることで、達する境地があります。

・一流と二流の違い

・誰よりもこだわりがあり、愛していること

一流と二流の違いは、スキルの差などが思い浮かぶかもしれません。

私はスキルの他に、考え方もあると考えています。

一流の人は、対象の行動に対して誰よりもこだわりがあり、愛していることです。

考えて見ればわかるのですが、好きで楽しくて毎日夢中になれる人と、作業感で長時間努力努力する人のどちらが伸びしろがあるか。

もちろん、前者ですよね。

・一流になるには

・1万時間の法則

1万時間の法則とは、一流になるまでに必要な時間です。

1万時間と言われて、どのくらいか想像できないかもしれません。

1万時間とは、1日8時間のトレーニングを積むとすると、1250日です。

1250日とは、3.4年です。

毎日8時間休まず3年。

結構、きついですよね。

でも、一流になる人は、これくらい努力をしています。

・まとめ

一流の人の特徴は、

・目標がぶれない
・毎日課題を意識している
・集中力のある人

です。

一流の人は、二流の人との違って、誰よりも1つのことにこだわりがあり、愛しているひとです。

一流になるには、1万時間、やり込む必要があります。

石の上にも三年、これで一流に近づけますね。

P.S.

ブログ作るの楽しいですよ。

作ってみませんか?

以上、参考になれば幸です。

トップページに戻る

-自己啓発
-